コンクール
HOME > イヴェント > 第18回コンヴェンション > コンクール

第18回日本フルートコンヴェンション2017 in川崎
コンクール

[開催部門]

ソロ部門/ピッコロ部門/アンサンブル・アワード部門/アンサンブル部門

*アンサンブル部門とアンサンブル・アワード部門、及びアンサンブル部門とピッコロ部門の重複参加は可能です。
 その他の重複参加は出来ません。

[申込期間]

ソロ、ピッコロ部門:2017年5月8日(月)〜6月7日(水)
アンサンブル・アワード、アンサンブル部門:2017年5月8日(月)〜6月16日(金)

*締切日前であっても、定員になり次第締め切ります。

コンクール課題曲

【ソロ部門】

〈1次予選〉

J.S.Bach Partita a-moll BWV1013よりCorrente & Sarabande(繰り返しはすべて無し)

〈2次予選〉

下記の2曲から1曲選択

① P.Hindemith 8 Stücke für Flöte allein
② E.v.Dohnanyi Passacaglia op.48-2

〈3次予選〉

下記の共通課題と選択課題を演奏する

・共通課題
 N.Paganini 24 Caprices op.1よりNo.24 Quasi Presto

*指定楽譜:Editions ChoudensあるいはInternational Music

・下記の4曲から1曲選択
① H.Dutilleux Sonatine
② S.Karg-Elert Sinfonische Kanzone
③ F.Martin Ballade
④ P.Sancan Sonatine

〈本 選〉

W.A.Mozart Konzert D-dur KV314

【ピッコロ部門】

〈1次予選〉

・下記の2曲から1曲選択
F.Kuhlau Three Fantasias op.38 より(出版社は指定しない)

① Fantasia 1 Ariette con variazioni Andante
② Fantasia 2 Ariette con variazioni Andante con moto

〈2次予選〉

・下記の5曲から1曲選択

① T.Green  Piccaroon, Polka
② Ch. Le Thière  L’Alouette des Champs
③ M.A.Brewer  The Deep Blue Sea
④ F.Brockett  The Linnet
⑤ F.Doppler  L’Oiseau des Bois op.21

*①から④までの指定楽譜:Broekmans版 ‘Album for Piccolo and Piano Vol.2’(Trevor Wye編)

〈本 選〉

下記の2曲から1曲選択

① Piet Swerts Le Tombeau de Ravel(Zodiac Edition)
② J.La Montaine Sonata for Piccolo and Piano op.61(Fredonia Press)

【アンサンブル部門】

以下の5部に区分する

(1)小学校(2)中学校(3)高校(4)大学・一般(5)音楽大学生及び卒業生

自由曲(演奏時間は8分以内とする)

・使用楽器はピッコロ、ソプラノ・フルート、フルート、フルート・ダモーレ、アルト・フルート、バス・フルート、Fバス・フルート、コントラバス・フルートのいずれかによる二重奏以上十重奏までの編成とし、指揮者は付けない(上記以外の楽器は使うことが出来ない)
・申し込み時に曲目と編成を決定し、それを変更することは出来ない
・部門内で同一人物が他のグループへ参加することは認めない

【アンサンブルアワード部門】

〈予 選〉

下記の曲を①②の順に演奏すること。

①【二重奏】F.Kuhlau Grand Duet Op.39 No.3 第2楽章 Adagio con anima
 【三重奏】F.Kuhlau Grand Trio Op.90 第3楽章 Adagio
 【四重奏】F.Kuhlau Grand Quartet Op.103 第3楽章 Adagio molto con espressione
② 自由曲1曲(6分以内におさめること)編曲作品も認める

〈本 選〉

自由曲を2曲(曲間も含めて合計で20分以内におさめること)

編曲作品も認めるが、1曲はオリジナル作品を演奏すること。

・自由曲は時間内におさめるためのカットは認める。
・予選自由曲は、本選で演奏する曲を抜粋して演奏してもよい。
・使用楽器は、予選①ではフルートのみ。予選②と本選ではフルート、ピッコロ、ソプラノ・フルート、フルート・ダモーレ、アルト・フルート、バス・フルート、Fバス・フルート、コントラバス・フルートのいずれかとする(上記以外の楽器は使うことができない)。