協会会員向け

[ 平成26年度定時社員総会議事録 ]

HOME > 協会会員向け > 平成26年度定時社員総会議事録

1.日  時  平成26年8月24日(日)  13時30分~14時30分
2.場  所  日比谷図書文化館コンベンションホール において
3.出席役員
  代表理事    佐々木 眞
  副代表理事   清水信貴
  理   事   13名
  監   事   佐々木親綱
  監   事   向山光則

4.議決権のある当法人社員総数   2,564名
総社員の議決権の数         2,564個
出席社員数(委任状による者を含む) 1,008名
この議決権の総数          1,008個

定刻に事務局長が総会成立要件につき確認し、総社員の3分の1以上の出席があったので、代表理事が開会を宣し議事に入った。

第1号議案 2014年度事業計画・活動方針の件

議長は2014年度事業計画として「第17回日本フルートコンヴェンション2015ふじのくに静岡」を2015年8月21日、22日、23日の3日間、静岡県浜松市アクトシティにおいて開催、また8月7日から10日にかけて第44回志賀高原サマースクールを開催する旨の報告をした。活動方針として会員名簿を発行、会報やホームページ・フェイスブック等により広報活動の活性化、各地のフルートフェスティバルやフルートアンサンブルとの交流を促進、機能的な協会組織を構成し、新しい人材の加入に努め、活動的な協会を目指すとの説明を行った後、この件の承認を求めたところ、全員異議なく承認した。

第2号議案  2014年度予算案の件

糸井経理部長より、2014年5月までの日本フルート協会の運営状況についての説明、2014年6月に一般社団法人日本フルート協会が引き継いだ資産の内容についての説明がなされた。事前に全社員に配布された資料内の予算案について説明があり、今年度は4,308,000円の赤字となるとの説明がなされた。 この件につき議長が挙手により承認を求めたところ、全員異議なく承認可決した。

第3議案新役員選出の報告

糸井事務局長より、2013年8月24日に開催された第20回日本フルート協会総会の決議に基づき、2014年6月2日にその手続きを完了し、佐々木真会長(代表理事)、酒井秀明副会長(副代表理事)、清水信貴副会長(副代表理事)、佐々木親綱監事、向山光則監事、理事(前常任理事)47名、特任理事 2名、代議員(前常任理事+理事)132名が一般社団法人日本フルート協会の役員に就任した旨の報告があり、議長が承認を諮ったところ、全員異議なく承認された。 また7月21日に開催された第1回定例理事会において審議され決議された、設立時代議員の任期を特例として3年間とする旨の提案がなされ、議長がその件につき議決を諮ったところ、全員異議なく承認可決された。

第4号議案第17回日本フルートコンヴェンション2015ふじのくに静岡についての経過報告

小楠元廣特任理事(コンヴェンション実行委員長)より「第17回日本フルートコンヴェンション2015ふじのくに静岡」の進捗状況について説明があり、ワンコインコンサートの企画による静岡県中高吹奏楽の学生への参加呼びかけ、ロビーでの静岡県物産の販売、静岡県ゆかりのフルーティストによる企画等が報告された。   以上をもって全ての議事を終了したので、議長は14時30分閉会を宣した。   上記議事の経過の要領及びその結果を明確にするため本議事録を作成し、議長及び監事、議事録作成者が次に記名押印する。

平成26年8月24日

議 長       佐々木 眞  ㊞
監 事       佐々木親綱  ㊞
理 事       加藤克朗   ㊞
議事録作成者    糸井正博   ㊞