日本フルートコンヴェンションとは
HOME > イヴェント > 日本フルートコンヴェンションとは

日本フルートコンヴェンションは、2年に1度、日本の色々な都市で開かれる日本フルート協会最大のイヴェントであり、日本のフルート界にとっても最大のイヴェントです。
この日本フルートコンヴェンションは、故吉田雅夫永久名誉会長が提案した「2年に1度、日本のどこかでプロもアマチュアも関係なく、フルートを愛するすべての人やメーカーが3日間寝食を共にし、フルートについて語り、学び、演奏し、聞き、楽しむフルート三昧の3日間」というコンセプトで生まれました。

全体は大きく3つの柱、「演奏・レクチャー」「コンクール」「楽器展示」からなり、最終日はゲストや参加者やスタッフが3日間の感動や喜びを語り合う後夜祭により閉幕となります。

開催地では、何年も前からプロ・アマチュア関係なくフルートを愛する方々が集まり実行委員会が組織され、コンヴェンションの催し・ゲスト・演出など、どのようにすれば皆様が喜んでいただけるような催しになるか時間をかけ企画を吟味し協議いたします。

フルートを愛する方々にとっては、とても魅力的なイヴェントであるとともに日本の様々な土地を訪ねられることも大きな喜びです。

今回は第19回を迎え九州の福岡で開催されます。今回も楽しい企画満載です。
詳しい内容は「第19回日本フルートコンヴェンション福岡2019」参加要項をご覧ください。

どうぞ皆様日本フルートコンヴェンションに参加してフルートライフをみんなで楽しみましょう!!